ジャンプ感想(23号)

アニメ「SKET DANCE 」の「鬼姫の目にも涙」で、不覚にも泣いてしまったON玉です。 //

漫画を読んだ時はそんなにグッと来なかったのですが、声優さんの名演技と言うか同じ二次元でも、声の存在と動きがあると漫画で読むのと違った感動を味わえますね。

アニメ「トリコ」の方も実食したときの味の解説は、文字で読むより声優さんが演じてくたほうがより美味しそうに、見えますし、改めて声優さんの無限の可能性を感じました。

それではジャンプ感想始めまーすヾ(´▽`*)ゝあーい♪

★奇怪噺 花咲一休 原 小宮山健太先生 作 河田祐治先生

トンチが得意なお坊さんが、旅をして困っている人を助けるお話。

ON玉のくだらない妄想が見事的中して、連載になったようです。(2010年の34号の感想より)

当たり前ですが読切版と違い連載版は一休の相棒の化物「カルマ」との出会いからですね。

しかも、トンチのネタとして出てきたなんでも切れる刀とか、カルマ自身が一休に救いを求めているなど連載用にいろいろタネをまいております。

トンチとか落語の小噺なんかは、結構日本語の素晴らしいさと言うか曖昧さが結構重要だから子供も大人も楽しめる作品になるんじゃないかなぁと思いたい。

なんか、なんでも切れる刀は、最悪の場合テコ入れでバトル展開に持っていく為の伏線って考えちゃうのは私だけでしょうか。

読切時の感想でも書きましたが、話も画も読みやすいので万人に受けやすい作品になるのではないかと、妄想してみます。

★ONE PIECE 尾田栄一朗先生

物語を進めていく上で重要な回想だけど、なんか長くてちょい飽き気味です。

笑い要素もないしね。

取り敢えず黄猿は、ジンベエがタイヨウの海賊団を引き継ぐと見て七武海入りの条件を手に入れるためにアーロンを捕まえたってことかな。

で、アーロンはわざわざグランドラインをおりてイーストブルーに来たったことか?

連載当初からこの魚人島編の構想はあったと思うが、にしてはアーロン弱すぎだろww

最後は、魚人島に天竜人が乗っている船が緊急入国してきてさぁ大変。

ここでオトヒメの死が関わってくるんだろう。

ストーリー的にはどう進むか楽しみって所でしょうか。

★トリコ 島袋光年先生

バトルメインなので書くことが少ないのですが、取り敢えず鳥人間が強いっと。

現状の最大限のパフォーマンスを出しているトリコとゼブラが苦戦し、合体技でなんとかなってるっぽい。

しかしトリコもゼブラもそう長く戦闘できないから来週もどうゆう展開になるのか楽しみです。

当たり前ですが小松も死んではいないっぽいし、来週はメロウコーラ実食と行きたい所です。

★ナルト 岸本斉史先生

ベタだけど、仲間になると小さくなる法則は健在だ!!

ナルトが九尾のチャクラを自在に引き出せるようになったからかもしれんが、チビ(と言ってもでかいけど)九尾がちょっぴりキュート♪

ここでナルトとサスケに関わる過去回想が出てきたが、今回の戦争にはサスケはノータッチだから今回の過去回想いらなくね?と思ったのは私だけでしょうか。




いいえ、私だけです。

★リボーン 天野明先生

先週、久しぶりにクロームが出てきたから連載順位がちょっと上がったかな?

今回気になったのはヴァンディチェの言葉、奴らの目的?は、「バミューダの輝きと共に復讐するもの」らしい。

なんかリボーンが悔しそうな顔をしているから、アルコバレーノ関係なんだろうね。

過去の回想にもバンディチェの中にオシャブリを下げた赤ん坊がいたしね。

後、骸inD・スペードの炎の属性の変化について。

どうやらバンディチェも同じ属性らしいけど、どんなんなんだろうね。

まさか全ての属性の頂点である「宇宙」とかだったら、張り倒すよ(誰を?)

★SKET DANCE 篠原健太先生

ある意味、シスコンの安形兄ちゃんのお話。

「46サーヤ」には、不覚にも笑ってしまった♪

そして話の最後には余計話がこんがらがる始末。

まぁ 大元の原因は、サーヤが兄ちゃんにはっきり好きな人を言っていないのが原因だが、普通は兄に好きな人を報告する妹はいないよね。

安形の受験がどうなるかちょっと心配ですね。

★銀魂 作 空知 英秋先生

バトル系になると思いきやちょっといい話系でした。

相変わらず下ネタ満載で、面白かったです♪

しかしじいさん、風俗行って10秒はないだろw せめて一分はもとうよ(えッ!)


★バクマン。 原 大場つぐみ先生 作 小畑健先生

CPC模倣犯騒動での連載の影響は、まったくなかったがシュージンの心に影響があったようで。

無意識下で読者が真似しても犯罪にならないようなかなりソフトな完全犯罪しかやらない、残念なCPCになっている様子。

それに気付いて福田も発破をかけるが、さらに大胆な行動に出ようとしてるのが新妻。

本気で一位になってCPCを連載終了させるっぽいな。

まさかここで伝家の宝刀を持ってくるとはね~。

やりますな~ガモウは♪

これでガチで新妻が一位になって伝家の宝刀炸裂で、CPC終了になるのか、なんとか巻き返すのかどっちでしょうね。

どちらかと言えば前者に近い形になると妄想してみる。

★magico 岩本直輝先生

今回は魔法の設定説明とシオン大爆発!!

シオンのエマ大好きっぷりが、たまらないですね。

お前が信じてくれるなら 俺はこの世界中の誰にも負けない

なんてくさいセリフ、ジャンプで久しぶりに聞きましたわ~o(*^▽^*)o♪

鈍感なシオンも頬を赤らめてし。

そして対ゾディア戦で出したのが魔剣箒星っと。

次週は、新しい儀式編に行くのか、もうちょっとバトルが続くのかって所でしょうか。

★エニグマ 榊健滋先生

まさかのスミオ以外全員シャドー化?

しげるも能力が分からず仕舞いだが、このピンチにしげるの能力が役に立ってくると妄想してみる。


★めだかボックス 原 西尾維新先生 作 暁月あきら先生

女子中学生のおパンツ効果なのか、連載順位が上がっているような。。。。。。。。。。。

やっぱり男の子は、誰だってパンツ好きだね♪

それにしても球磨川禊は、味方キャラになってから魅せてくれるね。

てか五人全員ノーマルだったということより、五人全員女の子だった事の方が驚いた。

黒髪短髪メガネゲームっ子は、男だと思っていたのは俺だけではないはず。






いや マジで。

★メルヘン王子グリム 渡邉築先生

読んでも全然、わ★ら★え★な★い★ZE♥

★BLEACH 作 久保 帯人先生

顔アップの雨竜が、死神のメガネ姉ちゃんに見えたのは俺だけではないはずだぁぁぁぁぁ!!!!

★黒子のバスケ 藤巻忠俊先生

残念だ。

残念此処に極まる



ですよ。

まさかのイグナイトパス廻が、予想通り変化とまではいきませんでしたが回転するだけどは・・・・・・・・


ちょっとかっこ良く「廻」なんてつけちゃうから、読者が変な妄想してがっかりしちゃうんですよ。

これが普通に「改」だったら、ワクワクo(^o^)o ワクワクしながら今週号を読めたというのに・・・・・

来週は青峰VS火神。

一人アメリカに帰った火神は、一体どんなパワーアップしたのか?

こっちは気になりますね。

★DOIS SOL 村瀬克俊先生
★保健室の死神 藍本 松先生
★ぬらりひょんの孫 作 椎橋 筧先生

この三作品の低迷っぷりは、たまりません( ̄¬ ̄*)

今週は以上です。

最後に連続背表紙をペタリ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック